1. HOME
  2. ブログ
  3. ルーレット必勝法「666戦略」の上手な使い方

ルーレット必勝法「666戦略」の上手な使い方

今回ご紹介するのはルーレットの赤黒・スプリットベット・インサイドベットを使用した攻略法です。

題名にもある通り「666戦略」と呼ばれており、 勝率は非常に高い89%を誇っています。

まずはその使用方法からご説明していきましょう。

基本的にルーレットはヨーロピアンルーレットが断然有利ですので、解説はヨーロピアンルーレットを用いて行いたいと思います。

666戦略の使い方

解説では1ベットを1ポイントとして説明していますが、1ポイントあたりいくらにするかは自分で設定します。0.1ドルにするか1ドルにするか2ドルにする等は自由です。

手順その1

まずは赤に36ポイント設置します。

これによってフォローできる数字は

1.3.5.7.9.12.14.16.118.19.21.23.25.27.30.32.34.36となります。

手順その2

上記のようにスプリットベッドの黒が横並びになっている部分に4ポイントずつ配置します。

これによってフォロー箇所は前述の

1.3.5.7.9.12.14.16.118.19.21.23.25.27.30.32.34.36に加えて

0.2.8.10.11.13.17.20.26.29.26.31が加算されます。

手順その3

上記のように黒が横並びになっていないストレートアップの部分が7箇所残っていますが

その中から任意で3箇所を選びそこに2ポイント配置します

上の図では6.15.22に配置しています。

セットは以上です。

これにより全体の数字の89%をシェアしておりそのとこかにヒットすれば資金はプラス6ポイント追加されます。

1回転で使用するポイント数は66ポイント。それによって得られる配当がプラス6ポイント。

このことから666戦略と名付けられています。

666戦略は実用的か?

89%の確率で毎回プラス6ポイントの利益を得ることができるのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

ただ一度に使用するのが66ポイントという非常に大きい金額の割には、得られる配当が6ポイントというのは少し少ないような気もします。

実際に89%という数字は大きく感じますが残り11%は負ける可能性があるということです。

1%でもあるということは必ず勝てる攻略法ではありませんし、もし一度でも負けてしまった場合その負けポイントを取り返すの11連勝しなければなりません。

それでは89%の確率で勝利するゲームを11連勝しなければならない難しさはどれくらいあるのでしょうか?

1勝  89%

2連勝 79.21%

3連勝    70.5%

4連勝  62.7%

5連勝  55.8%

6連勝  49.7%

7連勝  44.2%

8連勝  39.3%

9連勝  35%

10連勝   31%

11連勝 27.7%

 

この様に89%という勝率ではありますが、連勝となると台数の法則も関係してきます。

結果的に確率は収束していき、11連勝する頃には確率は27.7%にまで下がってしまいます

ただ、もちろんルーレットは独立事象のゲームですから毎回毎回確率は変わらないと言う判断のもとで行うのであればこの限りではありませんが、数式上ではこのような結果が生まれています。

つまり長い時間プレイすればするほど外れる可能性が高くなりますし連続で負けてしまう可能性ももちろんあります。

そうなった場合負けを取り返すためにいつまでも辞めることができなくなりドツボに嵌ってしまう場面が出てきてしまうでしょう。

使用方法としては1日数分、もしくは5.6ゲームのみ行い、小さな勝利を毎日積み重ねて月間で・もしくは年単位でプラスに持っていくことを目標として行うのが良いでしょう。

実際にプレイしてみた。

先ほどの配置で場所を一切変えず実際にプレイしてみましょう(デモプレイです)

まずは第1ゲーム

31に入りスプリットベットが当り配当が72ポイント入りました+6ポイントです。

続いて第2ゲーム

34に入り赤がヒットしました。配当は72ポイントでさらに+6ポイント。

第3ゲーム

11にヒットしスプリットベットの配当72ポイントが入り、現在合計+18ポイント。

第4ゲーム

赤の32に入り配当72ポイントの+6ポイント

第5ゲーム 

サイド11にヒットしスプリットベッドの配当72ポイントが入りました。

現在合計でプラス30ポイントの利益となっています。

もちろん独立事象として考えれば毎回89%の勝率ですから5連勝くらい容易いものですが、

上記の 連勝する確率で考えると6連勝する頃には確率は50%を切っているため、今回はこれで辞めたいと思います。

もし1ポイント1ドルとして計算すればわずか数分で現在プラス30ドルとなっており、 もしこれを1ヶ月間続ければ900ドルのプラスを作ることができます。(一度も外れを引かなかったとすれば)

これだけの高確率で月刊でそれだけが利益を生むことができるのであれば、かなり有効な手法となりうるかもしれません。

ただしハズレ数字連続で入る可能性も十分にありえますし、もし外れた際の取り返し方が、単純に11連勝するしかないという方法である以上、一度深みにはまった場合取り返すまでかなりの時間が消費される可能性があります。

この手法だけに頼るのではなく他の手法と組み合わせたり、短期間でしかプレイしない等のルールを設けて使用するのが望ましいでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事