ルーレットで遊んでて「0」に入ったら

「なんでこのタイミングで....」って思いますよね。

0に入るとなんで嫌なの??

ルーレットプレイヤーの多くが嫌っている「0」なぜ嫌われ者になってしまったのか考察してみましょう。

まずルーレットを初めて遊ぶ人がまずぶち当たるのが

賭ける場所の多さでは無いでしょうか??

ルーレットで人気の賭ける場所

何通りもある賭け方の中でも一番手っ取り早く遊べてなじみがあるのは黒」ですよね?

その次に「偶数・奇数」・「ハイ・ロー」では無いでしょうか?

なぜこれほど人気なのかというとその勝率の高さからくるものでは無いでしょうか。

それらすべてが勝率48%以上となっており、約2回に一回は当たる計算(あくまでも計算上)ですから

数字単体を狙うギャンブル性の高さよりも、確率の高さを多くの人が求めていることがわかります。

しかしながら、何故か50%に至らないのは理由があるんです。

50%にならない理由....

それが「0」の存在。

分かりますよ.....

「0は偶数では?」

「0はローなのでは?」

はいルールですので諦めてください(笑)

そんなこんなで、みんなの人気スポットから外れてる「0」が嫌われてしまっているんですね.....

人気の攻略法

ルーレットには多数の攻略法が存在していますが、

その中でも人気の「0」が存在しているせいで勝率が下がってしまう攻略法があるのです。

2コラム・2ダズンベット

この攻略法は名前にもある通り、2つのカラムと2つのダズンに同時にチップを配置しほとんどの数字をリカバリーしてしまおうという攻略法です

確率86%あり非常に高い確率を誇っていますが

これも「0」が入ってしまうと負けになります配当は得られません。

フラワーベット

狙ったセンターの周辺8カ所の数字と隣接する場所にチップをかける方法です。

この方法で賭けることが出来るセンターは4から33までとなっており、これも「0」が入ると配当を貰える可能性はありません。

98.48%法

読んで字のごとく当たる確率が98.48%もある非常に確率の高いベット方法です。

3かい連続で同じコラムやダズンに球が入った際に其れ以外の2カ所に次戦ベットする方法です。

しかしながら外れた場合に負け分を取り戻すのが困難でありそれには「0」も含まれます。

このように、人気の攻略法の弱点に「0」がどうしても関係してきており、それで苦い思いをされた方も多々いるでしょう。

これらが、「0」が嫌われる原因でもあります。

0に入る確率は他と比べてどうか。

よく聞くのが、

「悪いタイミングの時に限って0が入る」

と言う物です。

しかしながら冷静に考えて0は

  • 他と同じ幅の枠
  • 他と同じ溝の深さ

ですから何も特別なものはありません。

枠がある以上いつか入りますから、そのタイミングがたまたま重なっただけで「0」を悪く言うのはやめましょう。

頭の中で少しでもそのようなひいき目で見てしまうと自分で攻略の幅を狭めていることになります。

オカルト的な考えは避け、常に冷静にプレーできるように心がけましょう。

おすすめの記事